前へ
次へ

知育のために幼稚園生の時に取り組んだこと

あくまで公立小学校のレベルで現時点での話ではありますが、学力が高いと周りから評価いただいている高学年の娘がいます。
我が家の場合ですが、幼稚園生の時に取り組んでいて、知育に効果があったと思うことを書いていきます。
勉強という点では、一年生向けの通信教育を年長さんの時に始めました。
市販のドリルと違って体系的に学習でき、勉強の習慣をつけるのに大変役立ちました。
おかげで余裕をもって小学校生活をスタートさせることができました。
その他には、手先を器用さと創造力を養うため、家の廃材をストックしておいて、好きなように工作させました。
近所の公園をはじめ、地域のイベント、都会、海や川、山などの自然体験に積極的に足を運び、海外旅行にも行きました。
幼稚園であったことをたくさん話してもらいました。
エピソード記憶を鍛えられる上、親子のコミュニケーションにもなります。
ペットの猫を飼い、出来る範囲でのお世話のお手伝いをしてもらいました。
図書館や本屋さんに頻繁に通い、読み聞かせも毎晩しました。
思考が偏らないように、流行りのものを頭ごなしに否定しないようにしましたし、体験に行った上で本人が興味を持たない習い事は無理強いしませんでした。
愛情をもって、正しく健康的な生活を身につけさせることをベースに、時には子どもの意思も尊重しつつ、質の良い刺激を与えることが大切だと思います。

Page Top